車査定の【出張査定】ってどんな事するの?流れは?

車を買い取ってもらうときに利用するのが査定。その査定に、出張査定といわれるものがあります。これは文字通り、自分の指定した場所に業者に来て貰うことなのです。例えば自宅でもいいですし、現在使用中の車であれば職場でも出張は可能です。また車検がきれて動かせない車がある場合は、その場所まで出張も可能なのです。

この出張査定で行うことは、車のチェックをして買取価格の見積もりを出すということです。出張査定をお願いするときには車種などは入力していても、車の細かいところを入力するわけではありません。また車の所有者が車の知識を全く持っていない場合には、エンジンやタイヤ周りといったものもわかりませんね。
出張査定では、そんな車の状態を見に来ることなのです。またその時には、これまでの事故歴や故障歴を聞かれることもあるかもしれません。また自分が希望する買取価格の要望も聞かれるでしょう。どれもこれまで乗ってきた愛車のことなので、正直に申告することが重要です。

出張査定では、その場でチェック。後日その査定をもとに見積額が出されることになります。あくまで査定ですから、その見積額に納得いかなければ、断ることもできるので、安心して出張査定に臨みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする