【車査定】走行距離は査定に影響する?

車の走行距離は査定に大いに影響致します。基本的に走行距離が長ければ長いほど査定額がさがるのはどこの会社でもいえることなのですが、少なければ少ないほどいいというわけではないことを注意していただきたいです。

というのは極端に走行距離が少なすぎる場合、車の動作不良の原因にもなりかねないために、場合によっては査定額が少なくなることがあるからです。一般的に買取り業者が目安にしている走行距離は「5万㎞」となっています。長すぎても短すぎてもダメ‥ということです。これからもわかるように、査定に出すにあたって走行距離は意外と大きく影響していて、これらを考慮したうえで買取時期を考える必要があります。

あとは単に走行距離だけではなくて、その車自体の年式にも関わってきます。走行距離が短いのは長いよりかは大抵有利になるのですが、年式が古いのに走行距離が短い車は、評価が下がるからです。車の性能の基本は、まったく乗らないよりも多少は動かしていた方が車にとっていいことで、あまり利用していない車は逆に故障しやすくなるからです。新しい車では走行距離が短くてもさほど査定には影響しませんが、年式を考慮した上での査定だということも頭に入れていただきたいことです。総合して、買取適正時期をしっかりと吟味する必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする