【車査定】修復歴や事故歴は伝えないとダメ?伝えなかったら?

車査定を行う際には、修復歴や事故歴を必ず伝えるようにしましょう。
修復歴や事故歴がある車を所有していると、査定に影響があると多くの方が考えますね。その結果、余計なことを話さないようにしようと決めるのではないでしょうか。

ただ、黙っていたとしても車の状態は正確に見抜かれてしまいます。査定を行っているプロは、確かな鑑定眼を持っているため、細かな異変を見逃すことがありません。たとえ、へこんだ部分の修復をきれいに行ったつもりでいても、修理では直すことが難しかった小さなへこみや塗料の違いによって、修復歴、事故歴があることを悟られてしまうのです。

このような事実を故意に黙っていたと判断されると、業者の信頼を失ってしまいます。嘘をつかれたことにより、まだまだ黙っている事実があるのではないかと疑われ、査定額も低く抑えられてしまうのです。高額評価を期待し、事実を伝えなかったことが、逆の結果をうんでしまいます。

車査定を受ける際には、修復歴や事故歴を素直に話すようにしましょう。細かい事実まで話を行うことで、業者からの心象を良くすることができます。業者といっても、相手は心のある人間になるので、正直に話すことで予想していたより査定額が下がらなかったということもあり得るのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする