車に傷があると査定額は下がる?/車査定の疑問

車に傷があると、やはり見た目が悪いし傷の修理の費用というものがありますから査定としては下がってしまうのではないだろうかというのが一般的な考えであります。
ですが、傷といっても大きく目立つものや、小さな傷がちょっとついているだけであるというのでは査定の額は大きく違ってきます。

基本的に傷といっても一つ一つの傷を査定するのではなく、車についている傷を総合的に評価するのが一般的です。
ちょっとだけ傷がついているという点も確かに見ますが、小さい傷程度しかないというような状況でしたらそこまで大きな影響はありません。
業者によってはすぐに消せるような傷レベルでしたら、査定でマイナスにならないようにしているようなところもあります。

ただ、大きな傷があるようになってくると話は違ってきます。 傷が大きいとさすがに修理をしないと売り物になりませんから
結構な査定額の影響が出ます。 修理をしてからのほうがいいのかといわれると、修理費用のほうがかえって高くつくケースもあります。

傷の具合によってかなり差が出てくるところですので、一度査定に出してそのままの値段と修理した時の値段との差がどれくらいあるのかしっかりと確認してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする