車買取で査定してもらって【後から減額】される事ある?

車買取を利用するときの不安として、後から減額されることはないか気になってしまいますね。
せっかく高い値段で買い取ってもらえると思ったのに、後から値引きされてしまうとがっかりしてしまうでしょう。
しかしながら、後から減額されてしまうケースも存在しているのです。

まず、車に関しての情報を正しく伝えず後からそれが発覚した場合、減額されてしまいます。買取店も車の情報に嘘がないか、査定時に厳しくチェックを行っていますが、短い時間で細かい部分まで確認することは困難です。後からじっくりと車の状態を確認し嘘が発覚すれば、その分減額されてしまいます。特に事故車や修復歴のある車は、減額対象になるため、正しい情報を伝えておくようにしましょう。

また、走行メーターの偽装があった場合にも、発覚することで減額の対象となってしまいます。

走行距離は、車の性能にも影響が出やすい部分になってきます。それだけに、査定を行う際には走行距離の確認は必須になっているのですが、わざと巻き戻しを行うことで悪質性が高いと判断され、減額されてしまうのです。
いずれにしても、車の状態を正直に申告していれば、減額を防止することはできるので正しい情報を伝えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする