ipad編

ipadをカーナビ化する手順を解説!機種やアプリ選びで快適な車に!

今使っている車のカーナビの調子が悪い!でもカーナビを修理にだしたり買い替えたら高いしなぁ・・・

『ipadに興味あるし、買うついでにカーナビ化できないか?』

と思う人も少なく無いはず!というか私です。

車を購入した時についてきた数十万のカーナビが1年ちょいで壊れてしまった。修理に出すのも高いし、買い替えるのなんて高いしもっての他!

ちょうどこの間購入したiPadがあったのでそれをカーナビ化して使えないものか調べついにタブレットをカーナビ化することができました。

カーナビの代わりにipad端末を使う魅力と5つのメリットと一つのデメリット

ipad値段https://www.apple.com/jp/ipad/より

 

ipadなどのタブレット端末をカーナビの代わりに使うには多くの理由があります。実際にipadをカーナビ化して魅力に感じたメリットとデメリットをを解説していきたいと思います。

たった一つのデメリットとして比較的価格が高い

Apple製品ってどこの家電屋にいっても大幅な値引きってあまりしていませんよね?ipadなどのApple社製のタブレットもあまり値引きってしていません。安く購入するには楽天やAmazonでポイントを使用して購入したりしなければなりません。

一方Android製品はいろいろなバリエーションがあり3万以下で購入できるものも多いので比較的安価です。

最大のメリットは費用が安い

ipadをカーナビ化する最大のメリットはコストをかなり安く抑えられるという点。ipadプロなんて購入してしまうと流石にコスト高になってしまいますが、安いものなら37800円から購入することができます。

たとえば9.7インチのカーナビを買ったらいくらになりますか?そのインチ数のカーナビを比較したらコスパはかなり高いのではないかと思います。

ipadの店舗情報や地図情報は新しい!常に情報が更新される!

ipadをカーナビ化して一番始めに思ったのは店舗情報が常に更新されていくということです。カーナビはやはり使っていくことで店舗情報が古くなってしまう場合もあります。

自分の行きたいお店を電話番号検索してカーナビに入力!いざ目的地についたと思ったら全然違う場所に到着してしまった。

店舗が移動してお店の電話番号がそのままの時はこの現象が起きることがあります。それもカーナビ上のデータが古いためにおこります。

ipadは暇つぶしに動画や電子書籍がみれる

カーナビでもテレビが見れたりDVDを見ることはできるのですがipadの方が暇つぶしのコンテンツが充実しているのがかなりのメリット。

子供の塾の送迎の待ち時間、長旅の休憩時間や道中の暇つぶし。様々なシーンで活躍してくれます。ダウンロードした動画はもちろんですし、電子書籍なども読むことができます。

電子書籍や動画は紙媒体やDVDを異なりかさ張らないのがいいですよね。レンタルDVD借りる手間、返す手間両方かかるのでタブレットで完結できてしまうのはとても効率的。

また、車内だけじゃなくタブレットを持ちあるき外でも楽しめるのは嬉しいポイントですね。

動画の映像もきれいでカーナビの画質よりも格段に上

カーナビの画面をみてもらえればわかりますが正直カーナビの画質って悪くないですか?ipadの場合は少し古い世代でもretineディスプレイ搭載で画質がきれいです。

先程説明した暇つぶしに動画や電子書籍を見る際にも高画質で映像と見ることができます。画質が良いので後部座席からでもクリアな映像を楽しむことができます。

ipadは検索→カーナビに入力の手間が省ける!

カーナビで場所を検索する時はいつもどのように利用しているでしょうか?スマホで正式な店舗名や電話番号住所を検索して、それをカーナビに打ち込むシーンって結構あると思います。

ipadはもちろんスマホの役割もしますのでipadで検索して見つかった目的地をそのままナビさせるという方法もとることができます。

検索結果→ナビに打ち込むという手間を省けるだけで工数の短縮にもなります。

ipadのカーナビ精度が高いし色々なカーナビアプリもある

ipadをカーナビ化した場合使うアプリでまず最初に思い浮かぶのはGoogleマップかと思います。GoogleマップでもAR機能などもリリースされ目的地に行くための精度はかなり高いです。

さらにGoogleマップだけではなく、他にもヤフーカーナビなどいろいろなアプリがリリースされています。

逆にカーナビの場合はそのソフトが微妙だった場合、買い替える他ありません。でも買ったっばかりのカーナビを買い替えるなんてことコスト的にできません。一方ipadの場合はカーナビアプリを変えるだけです。

実はバックカメラにもなる

ipadをカーナビ化した場合って『バックモニターとして使えない』というデメリットがありそうです。でも実はwi-fi接続できるカメラを購入して取り付ければ外部カメラとしてバックモニター化することも可能です。

ただしちょっと手間はかかると思います。バックモニター不要の運転に自信のあるユーザーは無用な問題ですね。

音声入力もでき目的地がサクサク探せる

ipadの場合はスマホと使い方が似ているので普段慣れた検索方法でサクサク探せます。行きたいデートスポットやご飯の美味しいお店。いろいろな場所を提案してくれるでしょう。

また、ipadの場合はsiriが使えるので手が塞がっているときでも音声入力で検索することができます。

『Hey,siri!〇〇を検索して!』でいろいろ探せるの便利です。

このようにタブレットをカーナビにすることでカーライフを格段に上質なものに変えることができます。ここからはipadの選び方からカーナビ化する方法までを解説して行きたいと思います。

カーナビ化したいipadの選び方

ipadをカーナビ化したいならまずはじめに購入することから始めましょう!購入する場所はApple Storeでもメルカリでもいいです。自宅に眠っているものがあるならそれを使うとよりコストはかからないでしょう。

ipadはwi-fiモデルではなくセルラーモデルを選ぶ

ipadをカーナビ化するのに必要最低限のスペックはGPS機能がついているか否か。GPS機能がついていないと正しい位置情報が把握できずカーナビとしての役割を果たすことができません。

ipadでGPSがついているのはLTEモデルなので間違えてwi-fiモデルを購入しないようにしましょう。

・ipadはGPS機能のついているセルラーモデルを購入する
・買う場所はどこでもいい

ipadのインチ数は好きなサイズで!

ipadタブレットのサイズはなんでも大丈夫ですが動画をみたり、電子書籍をみる目的もあるので画面は大きい方がいいでしょう。

iPad Pro 11インチ 12.9インチ
iPad 9.7インチ
iPad Air 10.5インチ
iPad mini 7.9インチ

iPad miniだとしても約8インチあるので普通のカーナビサイズと同じくらい(カーナビは7インチ〜)8インチ以上カーナビは車種によっては取り付けれない場合もあります。

参考ですがALPINE大型ナビ11インチは20万円程・・・

・ipadのサイズはせっかくなので9.7インチ以上推奨

ipadの場合はせっかくなので奮発して9.7インチを選び大画面ナビとして使うのがいいでしょう。

ipadはsimフリーの端末を使うと安くできる

ipadの選び方としてはGPS機能があるセルラーモデルならsimフリーでもau,docomo,ソフトバンクなどのキャリアの端末でもどちらでも構いません。

ただしコストを安く済ませるなら格安simを契約して使うとキャリア利用時よりも格段にやすく済ませることができます。ついでに自分スマホもsimフリー化して格安simを使うと日々の通信費を安く抑えることができます。

格安simはどのキャリアのスマホやタブレットにも対応しているmineo(マイネオ)がおすすめです。

→マイネオ公式へ

通信環境の整備

ipadのGPS機能を使うには通信環境がなければなりません。ここからはiPadの通信環境を作る方法を解説していきます。キャリアでipadを契約したい人はキャリアを利用すればいいので問題ないでしょう。

ipadに格安simを使う方法

iPadの通信環境を整える方法として格安simを使う方法が通信費を安く済ませる秘訣です。キャリアと異なり格安simは月額が安く設定されているのでコストを安く抑えることができます。

テザリングする

キャリアと契約しなくても電波を供給する方法の一つでタブレットはキャリアなどど契約せずにスマホからテザリングして通信する方法があります。スマホのギガ数を消費するので使いすぎは注意ですが気をつけていれば問題ありません。

ポケットWi-Fiを契約する

もし、普段からポケットWi-Fiなどを使っている場合はポケットWi-Fiで接続してしまえば完璧。いつも使っているポケットWi-Fiなので新たにコストが発生することはありません。

持ち運び可能なポータブルWi-Fiが気になる方は別記事で紹介しています。普段外でPCで作業する人にはポケットWi-Fiはおすすめです。

ipadの固定・電気の供給に使うカー用品

ipadの固定・電源の供給などに必要なカー用品としていくつか必須なものがあります。ここからはカー用品周りを紹介していきたいと思います。

タブレットの固定に必要な車載ホルダー

タブレットを車載する必須アイテムとして車に固定するホルダーを購入しましょう。ホルダーの種類は数種類あり、マグネット式や3点固定式などいろいろな種類があるのであなたの車のサイズに応じて購入しましょう。

別記事でタブレットホルダーのレビュー記事を書いていきたいと思います。

タブレットに電源供給に必要なカー用品

タブレットを充電するアイテムは必須です。車にUSBで給電できるならコードだけ買えば給電できますが、ないのであればシガレットソケットから充電できるものなどあると便利です。また、カーインバーターで電気を供給することも可能です。

ipadをカーナビ化するアプリ選び

ipadをカーナビ化するのに必須なアプリ。カーナビ系のアプリは必要です。『Googleマップ』を使ったり『Yahoo!カーナビアプリ』など使ってみるといいでしょう。

アプリは無限にあるのでいろいろ試して自分の使いやすいアプリをみつけて最適化していきましょう。

googleマップをカーナビ化の方法を解説!使い方をマスターして車を快適に!車を買った時に一緒に純正のカーナビを買ってしまうと結構な値段がしてしまいます。今まで車を買い替えるたびにカーナビを購入していましたが正直...

 

ipadをカーナビ化の手順まとめ

この記事ではipadのカーナビ化の手順について解説してきました。最初は色々準備がありますがガジェット好きな管理にとしては楽しくて仕方ありません。

下にカーナビ化の手順をまとめました。

ipadカーナビ化の手順まとめ
  1. セルラーモデルのipadを手に入れる(中古でもOK)
  2. 通信環境と整える
  3. タブレットホルダーの購入
  4. 充電環境の確保
  5. カーナビアプリの設定